カジュアルに最高級日本料理を楽しめる!恵比寿にたたずむ 和の食 いがらし オーナ料理人五十嵐明良さんへインタビュー!

森上 皆様 こんにちは!
気になる飲食店オーナーさんのインタビュアー、ペアリングマイスター®の森上 久生です。
皆様、よろしくお願い申し上げます。



食事5

カジュアルに最高級日本料理を楽しめる!恵比寿にたたずむ 和の食 いがらし オーナ料理人五十嵐明良さんへインタビュー!

さて2回目は、2008年の8月に開店しました恵比寿の和食店のオーナー料理人 五十嵐 明良氏にインタビューをさせていただきました。

和の食 いがらし は地元の方々や食通の間でも評価の高い料理の数々と厳選した器類、また酒類をリーズナブルな価格で提供することでも人気不動の和食の銘店です。

当主は現在、45歳。スタッフは調理にお二人、ソムリエールがお一人、計4名で仕切る、風格ある日本料理店です。

五十嵐さんは西麻布の「つくし」に13年間勤め、初年度から6年目には広尾、「さ和長」の料理長として抜擢。その後、和の食 いがらしを開店し、現在14年目を迎え、緊急宣言下中の今宵も満席なのですが、そんな順調な営業を続ける五十嵐さんにドっ直球な質問をさせていただきました!!





私自身ドキドキしてます!



森上 本日はよろしくお願いします。

五十嵐さん よろしくお願いします。

森上 早速ですが、料理人へのきっかけはなんでしょうか?

五十嵐さん サラリーマン一家の生まれで兄は二人とも大学に行ったのですが、これからは、職人の時代だと思いました。高校生の時から30歳に独立を目指すことを決めていたので、自分で出来ることを探し、何が近道かを模索しました。結果としてそれは飲食店を開くことだと思ったんです。



料理中

森上 2008年の当時に何故恵比寿に店を構えたのですか?

五十嵐さん 初めに、広尾の「つくし」に近い場所をと思いました。ただ同じエリアでなく、前職である「さ和長」でも大変お世話になったお客様にお越しいただきやすい場所を考えた際に、恵比寿が閃きました。 当時の恵比寿は家賃も低く食事に来る方が多いエリアで、ここが良い!と思いこの物件を借りました。人の集まりやすいところで営業したいという思いもあり、それにも相応しい場所でしたね。

森上 影響を受けた料理人や人物はいらっしゃいますか?

五十嵐さん お店ならば、「青柳」です。八寸などの料理、器、しつらえや全てにおいて手がかかっており、すばらしいものだと思いました。 それと、人物で言えば、茶道家の塩月弥栄子さんですね。 塩月さんの父上様は裏千家14代家元で、お食事を5年間作り続けました。職場から近いこともあり、ご自宅にも送り向かい等で行き来したご縁がございます。



料理中2

森上 どういう瞬間にこの道に進んでよかったと思いますか?

五十嵐さん 来店のゲストに褒めていただくこと。それ以上にご常連様に長く通って下さること!これに尽きます!

森上 いがらしさんは、茶器にもこだわっていらっしゃいますよね。気になる陶芸作家などはいらっしゃいますか?

五十嵐さん 塗ものなら輪島尚古堂、他は栃木県の益子焼、チモイ青木さんの作品ですね。



食事3

森上 コロナ禍での様々な影響があったと思いますが、いかがでしょうか?

五十嵐さん そうですね、デメリットを言うと切りがないので、このご時世どこも売り上げ減ではありますが……あえて、メリットを語るとしたら、時間が出来たことですね。また、区の制度などを活用してお金を無利子で借りれるようにもなりました。

森上 このエリアでの飲食店同志のお付き合いなどはございますか?

五十嵐さん 東口エリアの店同志は繋がりが強いことですね。個人店が多く、料理ジャンルは問わず、皆、仲がよく、ゲストを紹介し合う中でもあります。イベントがあれば、バー、洋食を問わずイタリアンなど皆で集まり和気藹々としておりました。最近は大手チェーン店もかなり台頭してきましたが、かつての仲間たちとは今でも良いお付き合いをさせていただいております。

森上 このエリアでは子供にとって環境はいかがでしょう?

五十嵐さん 最高です!!! あまりニュースでは報じられてませんが、お子さんの育成環境としてもいじめ等が少なく、犯罪も少ないのでずばり狙い目です。また子供たちも仲の良い友だちが受験すると連鎖反応が表れ、僕も僕もと続いていくと言いますから(笑) もちろん、その年によりけりですが、私が育った横浜とは進学率がかなり違います。 このエリアでは中学生クラスの3分の2位は受験し、進学率が高いのも地方との差異を感じます。そういう意味での都心って良いですね。

森上 これは以外に知られてないことかもしれません。受験シーズンなどを迎えるご家庭には興味深いお話しですね。有難うございます!



食事3

森上 今後、料理人や他業界の道を目指す方々へのメッセージをいただけませんでしょうか?

五十嵐さん 大事なことは続けること、それだけです。

森上 初めてお越しになる方へのメッセージをいただけませんでしょうか?

五十嵐さん 器用な方ではないので、奇をてらったものは作れないかもしれませんが、昔ながらの本当にシンプルな日本料理はこういうものですよ!という気持ちで作っています。 まだまだご存知ない方々にも、「和食って本当にいいね。やはり日本料理っていいね!」と再認識いただければと思います。

森上 貴重なお話、ありがとうございました!

五十嵐さん ありがとうございました。



食事4

昨年の4月には、コロナ禍での利益度外視に思える懐石弁当などを振舞われていたのは記憶にも新しい取り組みでした。

なんとお子様懐石には、器代だけで提供されたり、大人用の懐石の中には天然フグの白子や唐揚げが含まれており、儲けはないのでは?と想いましたが、ちょくちょく採算度外視なのも五十嵐さん流なんです(笑)

(私もここに2015年以降通い続けてます!)

それもそのはず、「地域の皆さまへ少しでも店を識っていただきたい」と思う、店主のほんの気持ちだった訳ですね。

最高の素材をきちんとした正統な日本料理の仕立てで、まっとうな価格で安心安全に召し上がっていただく、その姿勢には現在も多くのファンが寄り添っています。



食事2

店内はコロナ禍でも十分な感染対策等、入客制限を行うなど、営業の工夫も事欠かしません。



ご夫婦

TPOを問わず文句なしに旬菜を愉しめる場所で、是非、一度、お出かけいただきたいお店です。

今後も私のおすすめする厳選されたお店を紹介します。

また次回の記事でお会いしましょう。



和の食 いがらし
東京都渋谷区恵比寿4-9-15 ハギワラビル5 2F
JR山手線 恵比寿駅 都営地下鉄 日比谷線
営業時間:昼 12:00〜14:30(最終入店 13:00)
     夜 18:00〜23:30(最終入店 21:00)
※半個室のご用意がありますためご予約をお願いいたします
ご予約はこちらから:https://wanoshoku-igarashi.jp/

この記事のエリア
この記事のタグ
森上 久生
森上 久生編集者

ソムリエ、ペアリングマイスター®。資生堂パーラー銀座本店 シェフソムリエ。2003年から数々のソムリエコンクールで優秀な実績を収める。12年シャンパーニュ騎士団認定シュバリエに叙任される。13年第1回 国際ソムリエ協会主催の認定試験でソムリエディプロマ取得。フジテレビ、テレビドラマのレストランシーン監修、狛江エフエムの番組「地方創生BAR」のパーソナリティー、日本各地でのイベントやセミナー講師を務める。著書に『ワインと料理 ペアリングの楽しみ方』(旭屋出版)。