西麻布でオーガニックやプラントベース商品を! UrbanGroceryストア「大泉工場NISHIAZABU」

UrbanGroceryストア「大泉工場NISHIAZABU」


一歩入れば、閑静な住宅が立ち並ぶ西麻布。それに対して、道路沿いにはカジュアルな店も多く、親しみを感じるエリア。そんな西麻布の交差点の外苑西通り沿いに「大泉工場NISHIAZABU」はあります。

2017年4月、欧米で人気の微炭酸の発酵ドリンク「コンブチャ」専門店としてオープン。2020年6月には、本社の「株式会社 大泉工場」が掲げる「地球を笑顔で満たす」のコンセプトを体現できる「人にも優しく、地球にも優しい」商品を集め、カフェを併設したグローサリーショップとしてバージョンアップしました。


店舗

オーガニックやヴィーガンという言葉にとらわれず、健康や環境に良い影響をもたらす場にしたいという店長の「勝山 剛(かつやま ごう)」さんにお話をうかがいました。


西麻布から健康や地球環境を発信する場



勝山さん
店長の勝山剛さん


okuda グロッサリーショップとしてバージョンアップすることで変わったところはあるのでしょうか。

勝山 変わらないのは『大泉工場』がやりたいこと、目指していることが、『人にも優しく、地球にも優しい』というところ。食品は、オーガニック、ナチュラル、添加物を使わないものを前提に揃えています。プラスチック製品はなるべく使用せず、洗って何度も使えるものを使うなど。新しく始めたことは、レジ袋を廃止して、エコバッグをブーメランバッグ(※)にしたことでしょうか。意外と戻ってこないので、そのまま使っていただいているのではないかと思います。自然に増えていたりすることもあるし、それも面白いなと思いますね

※ブーメランバッグ:https://530week.com/project_530/boomerang-bags-project-harajuku/


okuda 勝山さんは、通りがかりに、気軽にフラッと入ってもらえるような店にもしたいそうですね。

勝山 オーガニック、ヴィーガンに関心がない人でも、可愛いから買ってみるとオーガニック商品だった、食べてみると美味しかったらプラントベースのメニューだったと、自然に生活に取り入れてほしいと思います。お店から提案するだけではなく、知らずに触れ合ってもらえたら嬉しいですね



KOMBUCHA
KOMBUCHA_SHIP https://www.kombuchaship.shop/
今年から販売開始されたボトルタイプ。オリジナル/ユズ/シソ/クワの4種


okuda 以前の「OIZUMI KOJO NISHIAZABU」は場所柄、外国人が多く、洗練されたオシャレな雰囲気でした。

勝山 感度が高い方が多く、継続して来ていただいています。また、今は、近隣の会社に勤めている方やお休みの日にフラっと入って来られた方など、コーヒーを飲んだついでにオーガニック食品を買っていただいたり。少しずつ裾野が広がっているように感じます

メニュー1

okuda 勝山さんには、プラントベースの食事に「本当にお肉が入っていないの?」という驚きを伝えたい思いがあります。料理では、どんな工夫があるのでしょうか。

勝山 すごい工夫はありませんが、動物性の素材をまったく使わず、植物由来のものだけでも美味しいと思えるような、しっかりとした味付けを心掛けています。上品ではなく、がっつり系の定食屋に近い感じもありますよ。西麻布なので、少しはオシャレにと気を使っていますが(笑)

okuda 男性客も多くなって、1日中男性客ばかりだった日もあったそうですね。

勝山 体を鍛えている人の中にも、お肉を食べない人が多くなってきましたね。腸内環境を整えるという意味でも、コンブチャとセットにして、美味しいと思ってもらえる料理にしています。やはりコンブチャの美味しさを知ってほしいですから



提供
タップで提供されるコンブチャが魅力


okuda コンブチャは昔と変わらず、タップで量り売りもされています。毎日来て、マイボトルで持ち帰る常連の方も。遠方から、2リットルのタンブラーに入れて一週間おきに来店される方もいらっしゃるとか。ごみ削減のために、なるべく、マイボトルや水筒の持参が推奨されています。

勝山 店内で飲むコンブチャは、今でもワイングラスで提供していますが、持ち帰り用には、生分解性カップで提供しています!



給水
給水スポット店です


また、夏になると水分補給が必要なので、水だけ自由に飲みに入っても大丈夫。気軽に使える給水スポットRefill Japan(※)の取り組みに賛同しています。

※Refill Japan :https://www.refill-japan.org/



ショーケース
ショーケースには、美味しそうなパンも並んでいます。


勝山 今後は、さらにグロッサリーの商品を増やしていく予定です。まず買い物に来て、一休みのついでに、飲んだり食べたりできるように。パンは、埼玉県にある本社敷地内の1110 CAFE/BAKERYのものです。乳・卵など動物性は使わず有機小麦でつくっています。全粒粉のマフィンは、店舗で焼いていますよ



CPJ
有機・無農薬野菜と果物のコールドプレスジュース
イエローエナジー/デトックスグリーン/レッドビューティ/シーズナル:900円(税込)


okuda コンブチャに加えて、コールドプレスジュースがラインナップに加わっていますね。

勝山 米国大手Goodnature社のコールドプレスジュースマシンで、野菜と果物を皮ごと毎朝搾っています。熱処理をしていないので栄養価も高く、1日1本の習慣にしてほしいですね。クレンズセットもあります。コールドプレスジュース4本、コンブチャ1本、ナッツミルク1本の6本セットです。予約が必要になりますが、ワンデイクレインズセットで、ぜひ身体をリセットしてください



グラス
ほんのりと柑橘系の味わいがある「コンブチャ ユズ」:850円(税込)


人にも地球にも優しくて、オーガニックやプラントベースに気軽に触れ合えるUrbanGrocery「大泉工場NISHIAZABU」。


勝山 この場所が好きな方やコンブチャを飲みたい外国の方も多いので、コンブチャを広める発信地でもあります。それだけでなく、グロッサリーは、こだわってつくり、体にも地球にも良いものが中心のラインナップという自負があります。多少は高くても、美味しくて健康維持の手助けにもなると気づいてもらえるような、そんなお手伝いができればいいなと思います


欧米では、スーパーにコンブチャコーナーがあるほど生活に溶け込んでいる飲み物です。発酵ブームの中、これから日本での注目度も高まりそう。そして、地球環境に配慮され、自分の身体の環境まで変化していたという気づきになりそうなお店が、西麻布にありました。


大泉工場NISHIAZABU
東京都港区西麻布2-13-13
営業時間:月曜-土曜 9:00-20:00
     日曜・祝日  9:00-18:00
Plant based Bar “曲がり角” 毎週金曜 19:00〜22:00
(現在、営業自粛中)
休業日:年中無休・夏季休業・冬季休業有り
公式サイト:http://oks-nishiazabu.com

この記事のエリア
この記事のタグ
奥田 景子
奥田 景子編集者

ライター(オーガニック、エシカルファッションなど)。福岡県生まれ。文化服装学院スタイリスト科卒業後スタイリスト。以降雑誌を中心にしたスタイリスト。社会的なことに興味を持ち、大学院で環境マネジメントを学ぶ。理学修士を取得。2013年から福岡を拠点に移してライターとして活動中。